米国連続増配成長株オープン 女神さま・オープン 追加型投信/海外/株式

基準価額 基準日:2020年08月12日

※基準価額は1万口当たりです。純資産総額は百万円未満切り捨てです。

基準価額(円) 前日比(円) 純資産総額(百万円)
15,470 -11 9,326

2020年申込み
不可日カレンダー
(PDF:169.9KB)

分配金実績

※基準価額は1万口当たりです。※分配金は1万口当たり(税引前)です。

設定来累計 3,450円
直近決算期 基準価額
(分配金落ち後、円)
分配金(円)
第6期(2019年09月26日) 14,229 150

過去の分配金実績を見る

決算期 基準価額
(分配金落ち後、円)
分配金(円)
第5期(2018年09月26日) 14,833 750
第4期(2017年09月26日) 12,947 750
第3期(2016年09月26日) 10,926 0
第2期(2015年09月28日) 11,980 800
第1期(2014年09月26日) 11,151 1,000

よくあるご質問

Q1ファンドのポイントは何ですか?
A1 当ファンドは、米国の連続増配株と成長株の両方を組入れて運用を行います。このダブルエンジンこそがファンドの最大のポイントとなります。連続増配株は、守りの力を発揮する銘柄で、高い収益力と良好な財務基盤があり、安定した成長が期待できます。一方、成長株は、攻めの力を発揮する銘柄で、経済環境や社会構造の変化を捉え、時代の流れを掴み高い成長が期待できます。
Q2米国株の魅力は何ですか?
A2 米国経済は、常に世界経済を牽引する成長力があり、新しい企業がイノベーションを生み続けています。例えば、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット等は短期間で巨大企業に成長し、今や世界の社会システムをも変えるグローバルな企業に成長しました。米国経済は、ときどきの時代を彩る新たな企業・産業が絶えず誕生する「底力」があり、その成長力こそが米国株の魅力と思われます。

米国株に投資する最大の魅力は「高配当で連続増配」企業が多いことです。米国には50年連続で配当を増やしている企業が15銘柄もあります(Bloomberg、2020年3月24日現在)。米国では株主を重視する姿勢が徹底しており、かつ世界的なグローバル企業が多いことから、米国は投資先として最も有力な地域といえます。
Q3なぜ米国の連続増配企業に注目しているのですか?
A3 連続増配企業は、自社の将来に自信を持ち投資魅力に溢れる企業であり、今後も株主を魅了する「輝き」がある企業です。米国の連続増配企業の多くは、かつて株式市場が経験した多くの苦難を乗り越え、増配を続けてきた「力強さ」があります。
連続増配企業群(S&P500配当貴族指数)の株価は堅調に推移し、2000年以降10年間の上昇率はS&P500指数の約3倍に対し、連続増配企業群は約7.5倍となっています。(Bloomberg、2000年1月3日~2020年1月31日)
Q4連続増配企業の特徴は何ですか?
A4 「連続増配」は優良銘柄を探すモノサシの一つと考えています。連続して増配することは、企業の明確な意思のもとに行われており、企業の強いメッセージが込められています。また、連続増配企業は、高い収益力、良好な財務基盤をもち、積極的に株主還元を行っている企業が多いことが特徴です。つまり、自社の成長力・安定性に自信があり、株主重視の姿勢を表明する企業が多いと言えます。
Q5米国にはどんな連続増配企業がありますか?
A5 米国株は、時価総額が大きく業績が安定しており、日本でも知名度が高くグローバルに展開している超優良企業が多く、規模や競争力など他を圧倒しています。
代表的な銘柄としては、ドーバー(63期連続増配)、プロクター・アンド・ギャンブル(62期)、スリーエム(60期)、コカ・コーラ(56期)、ジョンソン&ジョンソン(56期)、マクドナルド(43期)、エクソン・モービル(36期)、AT&T(34期)、キャタピラー(25期)、IBM(23期)、マイクロソフト(17期)、クアルコム(16期)、ナイキ(16期)など。 (Bloomberg、2020年3月24日現在)
※上記の連続増配銘柄は、連続増配銘柄の説明を目的とするものであり、個別銘柄への投資を推奨するものではありません。また、必ずポートフォリオに組み入れるものではありません。

注意事項

お客様の投資判断に係る重要事項(投資信託のリスク、留意事項、費用)

基準価額情報ご利用に際しての留意事項

ホームページご利用に際しての留意事項

  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • 投信総合検索ライブラリー