岡三アセットマネジメント

中国債券の魅力は 「夢元(むげん)」

中国人民元ソブリンオープン

夢元/夢元ドル戦略

先進国を目指すこれからの中国に期待

先進国を目指す
これからの中国に期待

2020年に主要国で唯一プラス成長を達成し、
2035年までに「中等先進国」を目指すという目標を掲げた中国。

デジタル技術の革新的な発展、
1人当たりのGDPを中等先進国レベルに引き上げること、
環境に配慮した生産を形成するなど、
先進国への道を歩もうとしています。

Movie

中国債券市場がもつ
2つの力

  • 先進国並みの信用力
  • +
  • 新興成長国の成長力

― CREDIT RATING

高い信用力と健全性

中国国債(自国通貨建長期債務格付)の信用格付は、日本国債と同格のA+であり、世界的に高い信用力を得ています。

各国の信用格付

各国の信用格付 各国の信用格付
  • ※信用格付は主要な信用格付業者等の信用格付のうち、上位のものを記載しています。
  • ※信用格付は自国通貨建長期債務格付です。
  • (出所)Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成

政府債務残高(対GDP比)

政府債務残高(対GDP比) 政府債務残高(対GDP比)
  • (出所)IMF(国際通貨基金)「World Economic Outlook Database, April 2021」

世界的な債券指数への中国国債の組み入れ

世界的な債券指数への中国国債の組み入れ 世界的な債券指数への中国国債の組み入れ
  • (出所)各種資料より岡三アセットマネジメント作成

― SETTLEMENT CURRENCY

決済需要増加が
見込まれる人民元

中国は「一帯一路」構想において、主要ルート上の関連諸国と連携して、インフラ投資や貿易を活性化させています。また、資本市場の開放の加速を背景に、2015年クロスボーダー人民元決済システム(CIPS)を導入しており、資金調達や決済通貨として人民元の需要が高まっています。

決済需要増加が見込まれる人民元

「一帯一路」構想の主要ルート

「一帯一路」構想の主要ルート 「一帯一路」構想の主要ルート
  • (出所)各種資料より岡三アセットマネジメント作成

クロスボーダー人民元決済額の推移

クロスボーダー人民元決済額の推移 クロスボーダー人民元決済額の推移
  • (出所)中国人民銀行

世界の外貨準備に占める
人民元の割合が増大

2016年、人民元がIMF(国際通貨基金)により
SDR(特別引出権)の構成通貨に追加されました。
国際通貨への仲間入りにより、為替市場の自由化、
透明化など改革推進が期待されます。
IMFが発表した各国の公的外貨準備の通貨別構成
(COFER)によると、
世界の外貨準備に占める人民元の割合は2021年第1四半期時点で2.45%であり、
割合は四半期ごとに拡大しています。

外国人投資家による中国債券の保有残高推移

外国人投資家による中国債券の保有残高推移
  • ※保有残高は人民元建てのデータを各月末時点の為替レートで米ドルに換算
  • ※推定値は国債・国債以外は指数採用に伴う資金流入に加え過去12ヵ月間の増加基調が継続すると仮定して算出
  • (出所)当社調査データ、Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成

― HIGH GROWTH RATE

先進国のGDPを
追い上げる中国の成長率

IMFの世界経済見通しの予測(2021年7月改訂)によると、
2022年に先進国・地域で最も経済成長率が高いのは米国の4.9%です。
一方、新興市場国と発展途上国では中国が最も高く5.7%とされています。

実質GDP成長率予測

実質GDP成長率予測 実質GDP成長率予測
  • (出所)IMF(国際通貨基金)「World Economic Outlook Update, July 2021」

魅力的な利回り

中国の国債利回り(5年)は、米国や日本、ドイツ等の主要国に比べて相対的に高い水準にあります。

主要各国と比較した5年国債の利回り

主要各国と比較した5年国債の利回り 主要各国と比較した5年国債の利回り
  • ※利回りは小数点以下第3位を四捨五入
  • (出所)Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成

主要各国と比較した5年国債の利回り推移

主要各国と比較した5年国債の利回り推移 主要各国と比較した5年国債の利回り推移
  • (出所)Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成

― NO. 2 IN THE WORLD BOND MARKET

世界第2位を誇る
債券市場規模

先進国同様、年金や金融機関等の機関投資家が中国債券市場の
中心プレイヤーであり、
市場規模の大きさは流動性と洗練度の高さを
表すといえます。

世界第2位を誇る債券市場規模 世界第2位を誇る債券市場規模

規制緩和と
金融緩和が後押し

規制緩和による海外からの投資資金の増加と金融緩和が、
中国国債の成長を後押しするものと考えられます。

債券市場規模の各国比較

債券市場規模の各国比較 債券市場規模の各国比較
  • (出所)Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成

各国債券指数の推移

各国債券指数の推移 各国債券指数の推移
  • ※中国:J.P.Morgan GBI-EM China(現地通貨建て、ヘッジなし、円ベース)
    米国:FTSE US GBI(円ベース)
    ドイツ:FTSE Germany GBI(円ベース)
  • (出所)Bloombergのデータを基に岡三アセットマネジメント作成
ファンドの特色
01

中国本土に流通する中国人民元建ての中国のソブリン債に投資します。

実際の運用は中国人民元ソブリンマザーファンドを通じて行います。
中国人民元建てソブリン債への投資は、原則として、債券通(ボンドコネクト)を活用して行います。

*ファンドにおけるソブリン債とは、国および政策銀行が発行する債券をいいます。
政策銀行…国家開発銀行、中国輸出入銀行、中国農業発展銀行

中国人民元ソブリンオープン

「中国人民元ソブリンマザーファンド」を通じて、中国本土に流通する中国人民元建ての中国ソブリン債に投資を行います。

※実質組入外貨建資産については、原則として為替 ヘッジは行いません。

中国人民元ソブリンオープン 中国人民元ソブリンオープン

中国人民元ソブリンオープン
(元高米ドル安戦略)

米ドルから人民元建て債券(ソブリン債)に投資を行うのと、概ね、同様の効果を得ることを目指します。

※為替ヘッジコストがかかる場合があります。

中国人民元ソブリンオープン(元高米ドル安戦略) 中国人民元ソブリンオープン(元高米ドル安戦略)
02

運用にあたっては、金利予測やイールドカーブ分析を基に、対象銘柄の流動性を勘案して、ポートフォリオの構築および修正を行います。

03

ソブリン債の実質組入比率は高位を保つことを基本とします。

資金動向、市況動向、投資信託財産規模、投資対象国の規制等によっては上記のような運用ができない場合があります。

矢印
PAGE TOP