よくあるご質問

Q基準価額とは何ですか?
A 基準価額は、投資信託の受益権1口当たりの時価を示す価額で、通常1万口当たりで表示されます。(これは当初1口が1円単位のファンドの場合です。ファンドによっては1口が1万円単位のものもあります。)

投資信託に属する有価証券等の資産を時価評価して得た資産総額から負債総額を控除した金額(=純資産総額といいます。)を、計算日における受益権総口数で除することにより、毎営業日に算出されます。

Q当日の基準価額はどのようにすれば知ることができますか?
A 基準価額は、当社ウェブサイトにて、最新のものを掲載しております。
当日の基準価額は、通常夕方6時頃更新されます。

パソコン:http://www.okasan-am.jp/fund/standard/

フリーダイヤル:0120-048-214 受付時間:9:00~17:00(土・日・祝祭日・年末年始を除く)

この他、以下の方法でご確認いただけます。

  1. (1)販売会社のウェブサイト、コールセンター等でも知ることができます。
  2. (2)翌日の日本経済新聞にも掲載しております。
    日本経済新聞 証券面「オープン基準価格」<運用会社名>→「岡三」をご覧ください。
    日本経済新聞における掲載名称の一覧はこちら
Q過去の基準価額は確認できますか?
A 各ファンドページのチャート上でマウスを移動させると過去の基準価額、純資産総額等が表示されます。

時系列で設定来の基準価額、分配金、純資産総額を知りたい場合は、各ファンドページのチャートの下にあるダウンロードボタンをクリックするとCSVデータをダウンロードできます。

Q基準価額は、いつの市場・為替を用いて算出しているのですか?
A お客様が、国内の株式、債券、リート等に投資している追加型株式投資信託の購入(または換金)を申込んだ場合の基準価額は、原則、お申込み日当日の市場の終値を用いて算出されます。国内市場であるため為替レートは使用しません。

お客様が、海外の株式、債券、リート等に投資している追加型株式投資信託の購入(または換金)を申込んだ場合の基準価額は、原則、お申込み日の翌営業日の直近となる海外市場の終値を用います。しかし、外貨建て資産であるため各投資先の為替レートを円換算する必要があります。各投資先の為替は、原則、お申込みの翌営業日の一般社団法人投資信託協会が発表している為替レートを用います。(投資信託協会は、各投資先の為替レートを、概ね午前10時の「対顧客外国為替相場」の仲値をもとに運用会社に発表しています。)つまり、この場合の基準価額は、原則、お申込み日の翌営業日の直近となる海外市場の終値を翌営業日の為替レートで円換算し算出されます。

  • 通貨選択型ファンドや主要投資対象が外国投信であるファンド・オブ・ファンズ等の中には、一般社団法人投資信託協会が発表している為替レートを使用しないファンドもあります。
  • 基準価額は、ファンドの申込不可日であっても、毎営業日に算出されています。
Q基準価額算出日に為替相場が大きく変動した場合、いつの為替を用いて算出されますか?
A 為替は、概ね午前10時の「対顧客外国為替相場」の仲値をもとに一般社団法人投資信託協会が運用会社に発表している各国の為替レートを用いますが、発表後、為替介入などで為替レートが大きく変動した場合は、再度発表される変更後の為替レートを用いて算出されることになります。
Q分配金再投資コースの場合、再投資はいつの基準価額になりますか?
A 決算日の分配金落ち後の基準価額で再投資されます。分配金受取相当額から税金を引いた額が自動的に再投資されます。

分配金再投資コースは、原則、購入時手数料はかからないため、いったん現金で分配金を受け取り、その分配金を再投資するよりも効率的と言えます。

Q基準価額が「0円」になってしまうことはありますか?
A ファンドは多くの銘柄を組入れ、分散投資をしています。すべての銘柄が同時に破綻し、価値が全くなくなる可能性は低く、基準価額が「0円」になる可能性は限りなく低いと言えます。
Q分配金が出る直前にファンドを購入すると得ですか?
A 分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われます。分配金が支払われると、その金額相当分、ファンドの純資産が減少するため、基準価額は下がります。つまり、分配金が出る直前にファンドを購入しても同じことになります。
  • 分配金の有無や金額は確定したものではありません。
Q当月の分配金を受取るためには、購入申込みをいつまでにしたら良いですか?
A 分配金は、当月の決算日の受益者に対して支払われます。

したがって、当月の分配金を受取るためには、

  • 国内へ投資しているファンドの場合⇒決算日の1営業日前までに購入申込み
  • 海外へ投資しているファンドの場合⇒決算日の2営業日前までに購入申込み

一方、換金の場合に当月の分配金を受取ることができるのは、

  • 国内へ投資しているファンドの場合⇒決算日当日からの換金申込み
  • 海外へ投資しているファンドの場合⇒決算日の1営業日前からの換金申込み
  • 申込不可日のあるファンドについては、上記の通りにならない場合があります。
Q分配金に税金がかかる場合とかからない場合があるのですか?
A 追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払い戻しに相当する部分)の区分があります。
  1. (1)収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額もしくは当該受益者の個別元本を上回っている場合は、収益分配金の全額が「普通分配金」として課税されます。
  2. (2)収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合は、その下回る部分の額は投資元本の払い戻しに相当するため、「元本払戻金(特別分配金)」として非課税となります。一方、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額は「普通分配金」として課税されます。
  • 上記の図はあくまでもイメージ図であり、個別元本、基準価額および分配金の各水準等を示唆するものではありません。※上記の図の「特別分配金」とは、「元本払戻金」のことです。
  • 詳しくは、毎月決算型ファンドの交付目論見書等をご参照ください。
  • 平成28年5月現在の税法に基づくものであり、変更されることがあります。
Q信託財産留保額とは何ですか?
A 信託財産留保額は、ファンドを換金(または購入)する際に発生する費用で、換金(または購入)により発生する取引コスト等を換金(または購入)されるお客様に負担していただくものです。一般的には、換金時に支払っていただくファンドが多くなっています。

信託財産留保額は、ファンド運用の安定性を高めると同時に、他の受益者との公平性を確保するために信託財産の一部としてファンド内に留保される資金です。ただし、信託財産留保額がないファンドもあります。

Q個別元本方式とは何ですか?
A 個別元本方式とは、受益者一人一人の税法上の元本をそれぞれ個別に算出することを言います。
個別元本は、元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合や追加購入を行なった場合に再計算されます。

◆個別元本の計算式

  • 例は、税金等を考慮しておりません。

複数の販売会社でファンドを買付けた場合は、販売会社毎に個別元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても、申込みコースが異なる場合は、コース毎に個別元本の算出が行われる場合があります。

  • 夢をつなごう 岡三証券グループ
  • 証券取引等監視委員会 情報受付窓口 0570-00-3581
  • 証券統計ポータルサイト
  • マイナンバー 社会保障・税番号制度